ハイレゾ音源とは

最近何かと耳にする単語

そんなこんなで筆者もx-アプリ経由でCDから、moraから購入してダウンロードするといった音楽を購入しているが、そうした中で最近何かと目にする、話題にする単語を見かけることがある。その単語というのが『ハイレゾ音源』というものだ。これは通称となっているので正式名称について先に話しておくと、『ハイレゾリューションオーディオ』と呼ばれるもので、端的に言うと『音楽用CDに録音されている音質となっている音楽データの総称』というのが、この単語の意味するところとなっている。

どういうことかというと、これまで大衆に聴かれているCDというのは本来その音楽が持っていた音源全てを録音しているわけではなく、CD本体に収まる程度に必要な部分だけを切り抜いて記録しているだけのものとなっている。そういわれると確かにそうだ、今でこそBlu-Rayなどのディスクが多く流通していることを考えれば、いかにCDに記録する事の出来る記録容量が限られているかを理解できるだろう。勿論映像と音楽データでは比べる是非もないのだが、収録されるべき音源の大きさをそのままCDに入れる事は事実上不可能とされていたという。

だからこそ生音を聞きたいがためにコンサート会場に訪れるという人へと派生するのもよく分かる、コンサートに訪れるとイヤフォンから流れる音質とはまるで別物だと感じることに驚くだろう。初めてコンサートに訪れたときにはそれこそ音の大きさに驚いたものだ。無論アンプなどで拡張されていることを含めても、単体で奏でられる音の大きさにはただただ圧倒されることだ。それを直に体験したいと思うのであれば、やはりクラシックなどの楽器だけで奏でられるコンサートに訪れることをお勧めしたい。そうすれば楽器一つが持っている音の底力を改めて知ることが出来る。CDでは収まりきらないというのに想像できない人も納得できるはずだ。

実際に比べた結果

CDに収録されている音楽と、ハイレゾ音源を比べてその違いを述べてくださいといわれるのであれば、全体的にぼやけているかどうか、といったところだ。良く考えてもらうと、CDでは歌唱が含まれている音楽ではそこにクローズされて良く聴きやすくなっている、アイドルのCDなどを買ってもらえればバックで流れる音楽よりも歌唱部分に焦点を当てて加工が加えられている。逆にクラシックになれば楽器の音質だけを追求すればいいわけだが、それでも記録する事の出来る大きさは限定的となっているため、全てを記録するとなったらCD以上の容量となる記録媒体、つまりDVDなどを持ち出さなくてはならない。

どうしても一部をカットしつつ、全体的に乱れが出ない程度に編集されたものが市場を通して店舗などに出回っているわけだが、それに対してハイレゾ音源はその霧がかった中から明確に、歌唱のみならず楽器本来が持っている音質をそのままに聴く事が出来るというのだ。技術というものは常に最先端を歩いているものだが、音楽に関してもよりよい音楽と触れ合えるような時代になってきたということなのかもしれない。

CDと比べると情報量は、6.5倍

ハイレゾ音源と呼ばれるものは当然、CDよりも記録されている情報量はとてつもなく大きいことだけははっきりといえる。具体的に言うと、本来CDに搭載できる容量よりもそこへ約6.5倍もの容積が用意されているため、元々奏でられている音の情報をそのままに格納することが出来る。

現在moraでも商品の点数が毎日増えていることを、利用している人なら良く知っているだろう。その中には過去名曲として語られている音源がハイレゾ化して蘇る、といったような宣伝と共に大きな話題と、これまで感じられなかった細かな歌手の様子とCDではまず気付くことが出来ない音の細かな違いなどを楽しめるという、『本物』を売りにしている。